ゴルフの雨対策について

2023/10/15 コラム

ゴルフは屋外で行うスポーツですので、雨の影響を受けてしまうこともあります。
そのため、あらかじめ雨が降りそうなときは対策を講じてプレーすることが大切です。
そこで本記事では、ゴルフの雨対策についてご紹介いたします。
▼ゴルフの雨対策について
■防水スプレーを用意する
雨が降ると、ゴルフバッグやゴルフシューズが濡れてしまいます。
防水スプレーを用意しておくことで、雨が中まで浸透することを防げます。
■グローブは複数用意する
雨の日のゴルフは、グローブが滑りやすくスイングがしにくいです。
滑り止め付きのグローブを複数用意しておくことで、雨の中でもスイングが安定します。
■大き目の傘を用意する
ラウンド中は雨に濡れないように、ゴルフバッグまで覆える傘があると便利です。
長く使うものですので、丈夫で質の良い傘がおすすめですよ。
■レインウェアは必ず用意する
雨の日にゴルフをされる場合は、レインウェアを必ず用意しましょう。
雨に濡れないようにする目的に加えて、体温を下げないようにする意味合いもあります。
▼まとめ
ゴルフの雨対策は、以下を取り入れてみてくださいね。
・防水スプレーを用意する
・グローブは複数用意する
・大き目の傘を用意する
・レインウェアは必ず用意する
屋外で行うスポーツですので、雨対策にも十分に気を配ってくださいね。
ゴルフに挑戦したいとお考えの方は、ぜひ『ゴルフール博多』のインドアゴルフスタジオをご利用ください。
個人目標に合わせた最適なメニューを用意いたしますので、確実なスキルアップが目指せますよ。