福岡ゴルフレッスン/アプローチが苦手でスコアが縮まらない!

2019/08/21 スコアアップ

アプローチが苦手でスコアが縮まらないと悩む、福岡市東区のGさん

ドライバーは良いなって、アイアンもそこそこグリーンの近くに行ってからが最悪です。

特にザックリしてが多くて、まったくグリーンに乗りませんcryingどうやって打てばいいのでしょう?

取って置きのゴルフレッスンをご紹介しましょう! まずはザックリの原因を探ると、グリップが悪いのと、手首の使い過ぎに行きつきます。根本から見直してやることで、最初は慣れない動きになりますが、最後は安定したアプローチショットが打てるようになります。

ゴルフレッスンでは、打ち方を直すとのではなく、正しい打ち方をやっていくので全く新しい感覚を身に付けることが目的になります。

 さて、アプローチショットの打ち方は大きく分けて二つに絞られますが、まずは覚えてもらうのが

一つが転がしをイメージしながら寄せていく⤴ アプローチショットの基本となる打ち方がそれです。

ゴルフレッスンのポイントは幾つかありますが、スイングを通して手首のコックを使いません。ボールは身体の真ん中になるように構えます。

左肩、腕、クラブヘッドを一緒に動かします、パターのような振り子の動きです。

クラブは状況によって変わってきますが、最初から転がりを多くイメージすれば8番アイアン。一番安全な寄せ方かもしれません。

もう一つの打ち方が、ピッチショットです。ボールの前方の芝が長かったり、打ち上げで高さが必要であったり、そのような状況では、ある程度キャリーを出して寄せて行きます。

落とし場所をイメージし、ロフトにまかせてボールを上げて、落ちてからカップに向かって転がりながら寄せて行きます。

使用クラブはP/S、AW、SWを使います。

すべて打ち方は一緒で、強いて言えば、構えたボールの位置が違う事です。

ショット同様に、転がしの打ち方が基本になって、アプローチの技術が広がって行きます。

皆さんもぜひゴルフレッスン・ゴルフールで基本から覚えてみませんか?

トッププロを指導してきた経験と
ノウハウによるゴルフレッスン
<初回レッスン体験実施中!>
(40分)6,000円~ 今すぐ体験WEB予約を
申し込まれる方はこちら