ゴルフスイングづくりにはストレッチは欠かせない!福岡でゴルフレッスン

2020/02/12 スイング
レッスンルーム

ゴルフスイングづくりにはストレッチは欠かせない、福岡博多区でゴルフレッスン!

ゴルフを始めた人はスイングについてゴルフって大変と感じた経験があると思います。(え、こんなに捻るの?)そんな方におススメは、ゴルフレッスンと同時にゴルフストレッチを日々やっていくことです。

そのうえでゴルフスイングの基本、背骨を中心とした軸回転のスイングを覚える。ゴルフスイングでは、腕の脱力、腕の振りなど背中の柔軟性が欠かせません。

特に肩甲骨の柔軟性が大切で、ストレッチが大事と分かっていてもなかなか毎日続けられないものです。一度、背中側の柔らかさを確認してみましょう。

最初に右腕を上から、左腕を下から背中に回します。

背中側で両手が握手できますか?
次に左右を逆にして、同じ事ををしてみてください。
以下のどれに当てはまりますか?
※やりやすい、やりにくいなど、左右で違いがある場合は、やりにくい方を基準にしてください。

1.両指が組める
2.指先を触れることができる
3.あと5センチで届く
4.あと10センチ以内で届きそう
5.10センチ以上離れている

筋肉の付き方や元々のバランスか?あれっと左右差を感じる方がほとんどだと思います。

出来れば上記1でありたいですね。

ボールを数多く打つのも良いですが、根本的にスイングに癖があるのでしたら、こういった所から見直して

努力していったらどうでしょう!?

マエケン体操なる、広島カープからドジャースに移籍した前田投手の体操です。

左右の肩を、それぞれ左手と右手で持って、グルグル肩を回します。内側から外側へ、反対周りへ。

肩甲骨を開いて閉じる運動も!

①両腕を肩の高さ伸ばして、手のひら上を向けます。

②次にバックオーライの要領で肘を90度に曲げます。

③手のひらを外側に回転させながら、肘を身体の外側に開いて、肩甲骨をよせます。

身体の硬いあなたも、継続は力なり!いやいや脱力なりです!

背中の痛み予防には、肩甲骨をスムーズに動かせることが大事です。肩甲骨が滑らかに動くと猫背解消と同時に肩こりも軽減するので、頭までスッキリしてきますよ。

きれいなスイングを身に付けたいと思ったらゴルフレッスン・ゴルフールで、レッツトライenlightened

トッププロを指導してきた経験と
ノウハウによるゴルフレッスン
<初回レッスン体験実施中!>
(40分)6,000円~ 今すぐ体験WEB予約を
申し込まれる方はこちら